2015年9月26日土曜日

何もかも効果的なんです。

2015年9月26日



「お酒を飲む前には牛乳を」と言う話は良く聞きます
でも「お酒を飲む前にキャベツスープ」と言うのは
現代人には馴染みがありません

そもそも「お酒を飲む前にキャベツスープ」は
本当に有効なんでしょうか

因みに
良く言われるるところの「お酒を飲む前に牛乳」は
「牛乳が胃に粘膜を作って吸収を抑える」
と言うのが根拠だと思いますが
牛乳がアルコールの吸収を抑えると言う事は
残念ながら無いそうです

つまり事前に牛乳を飲もうが飲むまいが
血中のアルコール濃度の高まりかたは同じと言う事です
詳しくは→「お酒の前に牛乳」は効果があるのか?

「お酒を飲む前に牛乳」については知見があるようですが
キャベツスープについてはどうなんでしょうか?

「胃の荒れを防いだり肝機能を向上させる」と
このような記述は良く見かけますけど
アルコールの吸収を抑える等の記述は見かけません

ならば自分で試すのも一つの考え方ですが
残念ながら今日ではアルコール類は一切断っております
コップ一杯飲んでひっくり返ったのでは実験になりません
今度時間のある時にでも改めて調べてみようと思います
(今度とお化けは出たためしが無い
 とも言いますよね・・・)


キャベツスープはさておき
胃の健康を考えて毎日毎日(いや1日1回・1週間に4回程)
ジュースマシンで粉々に砕いたキャベツを
野菜の繊維(カス)混じりジュースとして
長年に渡って習慣的に食べてきたので
「胃は健康そのもの」とすっかり安心しておりました

ところが
そのような安心感が返って災いしたのか
お酒の一気飲みならず
冷茶の一気飲みで胃を壊してしまうのですから
我ながら「愚か」と言うか何と言うか
これ以外に言葉が見つかりません
やはり大事無い時にも緊張感は必要です


ところで何故
野菜の繊維(カス)混じりジュースを食べるのか?
それには訳があります

ジュースマシンでキャベツを砕く
 ↓
野菜の繊維(カス)がボロボロになる
 ↓
野菜の水分(ジュース)が抽出される
 ↓
そのままスプーンですくって食べる
 ↓
だから・・・
 ↓
ビタミン・ミネラル・不溶性/水溶性食物繊維と
全部そして最大限に摂れるに違いない

そして

繊維(カス)がボロボロになっているので
胃に負担がかからないだろう(と信じて)
 ↓
吸収しやすくなっているだろう(と信じて)
 ↓
だから効率が良く栄養が摂れるはず(と信じて)
 ↓
水溶性の食物繊維がきっと
急激な血糖の上昇を防止してくれる(と信じて)
 ↓
不溶性食物繊維もたっぷりだから
スムーズなお通じが期待できる(と信じて)

さらに

食物繊維でありがたい菌(善玉菌?)が増えるから
腸内環境も絶好調!

と信じて日々の生活を送れるのであれば
これほど安心な事はありません


人間は信じる事が大切です
「間違っていなければ」
「他人に迷惑をかけなければ」
「そして過信しなければ」
それで良いんです

と言う訳で
私なりの野菜いっぱい健康法でした



★☆=★☆=★☆=★☆=★☆=★☆=★☆★☆=★☆
【☆ ジュースで元気!☆】
ピュアでシンプルな栄養満点の野菜ジュース作りに
★☆=★☆=★☆=★☆=★☆=★☆=★☆★☆=★☆


0 件のコメント:

コメントを投稿

鉄ギア仕様の手動式ジュースマシンもありますが・・・。

スズキジュースマシンの購入をご検討頂いている方の中には ステンレスギア仕様と鉄製ギア仕様とで迷われている方が いらっしゃると思います 当社でもステンレスギア仕様と鉄製ギア仕様を扱っておりますが 手動式に関してはステンレスギア仕様しか掲載おりません 扱わないと言う事...